Eテレ

ガラピコぷ〜終了!最後の放送はいつ?

ガラピコぷ〜 おにいさんおねえさんプレスリリースより引用

あつこおねえさん卒業と共に発表されたガラピコぷ〜終了。

びす子
2016年4月にあつこおねえさんと一緒に登場したチョロミー・ムームー・ガラピコともこの年度末でおわかれ(涙)

 

あつこおねえさんの最後の出演は4月2日(土)ですが、ガラピコたちの出演はいつが最後?

スポンサーリンク

 

ガラピコぷ〜最後は3月末!

ガラピコぷ〜の最後の出演は、3月30日(水)です。

あつこおねえさんより少し早めですね。

 

最後はどんなお話なんでしょうか?

脚本の山中さんがこんな意味深なツイートをしていました。

 

ガラピコが・・故郷の・・!?!?

 

 

ガラピコぷ〜の設定

毎日当たり前にやりとりを見ていたのですっかり忘れてしまっていましたが、ここでガラピコぷ〜の設定について振り返ってみましょう。

 

脚本の山中さんいわく、各キャラクターには「元気いっぱいな男の子じゃなくても、おしとやかな女の子じゃなくても、大人から見たらちょっと問題があるような子であっても、大丈夫だよ」というメッセージがこめられています。

 

イントロダクション

水と緑が豊かな惑星「しずく星」。

星の象徴であり、不思議な力をもつ大きな「ホシノキ」が、しずく星の仲間たちを見守っています。

ここで暮らすワクワク元気な『チョロミー』と心の優しい『ムームー』、そして遠い星からやってきたロボット『ガラピコ』が、 お互いの心をむすんでゆく、あたたかくて楽しい友情の物語です。

 

チョロミー

キュートで元気なウサギの女の子(4歳)

ホシノキがあるムスービ村に住んでいる。

活発でハイテンション、気が強いが根は優しい。

好奇心が旺盛でいつも“ワクワクキューン”なことを探している。

ダンスが好き。チョロミーが踊り始めると周りの人はみんな盛り上がる。

 

ムームー

心優しい男の子(3歳)

オオカミなのに、涙がポロリ…。内気で繊細、友だち思い。

運動は苦手だが、絵が得意。石を集めるのが趣味。

つらいことがあるとホロロ~ンと泣く。

人に気持ちを打ち明けるのが苦手で、鍋つかみで作った人形“チコタ”に思いをときどき打ち明けている。

 

ガラピコ

人形劇シリーズ初のロボットキャラクター。おしゃべり探査ロボット(年齢不詳) 。

しずく星とは別の惑星で作られた、惑星探査用のロボット。

調査活動中にチョロミーたちの星に不時着し、データが消失。

他人の気持ちがあまり分からずたまにズレた発言や行動をすることもある。

ヒートアップすると煙を出す。エネルギーは水。

 

びす子
最終回、山中さんのツイート内容から推測するに『調査活動中に不時着したガラピコが自分の星に帰る』という展開なのでしょうか・・

 

 

ガラピコぷ〜の次はファンターネ!

4月からの人形劇には『ファンターネ』が登場!

写真左から、5歳のライオンの男の子・ルチータ、3歳のカッパの女の子・みもも、3歳10カ月のひょうたんの子供・やころ。

「可能性と多様性」をテーマにした人形劇とのこと。

初回放送は4月4日(月)です!

 

 

ガラピコぷ〜終了は寂しいけど元気に見送りたい

「もしかしてガラピコぷ〜終了かも!?」と私が初めて感じたのは、シルエット博士のコーナーでした。

びす子
シルエット博士、やたらムームーを褒めるなぁと

ここで初めて「もしかしてムームー卒業・・ガラピコたちみんな卒業しちゃうのかな」と。

 

そのあとに、2月の歌『まほうのラララ』が流れるようになって、歌の内容やみんなの衣装、その総仕上げ感(?)に「いよいよこれは・・」とドキドキしていたところに、今回の発表。

どこかで「やっぱりそうだよね」と思いつつ、あつこおねえさん卒業もガラピコたちの卒業もすっごく寂しいです。。

 

でも、きっとまたどこかで会えるよね?!

 

この記事を書いた人

びす子(1児の母)

夫と娘の3人暮らし。
育児ノイローゼを経て、がんばらない大切さを知る。
このブログでは、毎日忙しいママにおすすめしたいアイテムや考え方などを発信中!Eテレが大好き。

プレママさん向け無料プレゼントはこちら

育児疲れを支えるアイテムはこちら

HOMEに戻る

-Eテレ