知育

【体験談】ひらがな(あいうえお)の覚え方|きっかけになった3つの遊び

ひらがな読み

 

子どもがひらがな読みをマスターしたのが、2歳10ヶ月の頃。

その当時「あいうえお」を真剣に教えたのか、というとそんなことはありません。

 

遊びの中で自然と身についていきました。

びす子
子どもの吸収力はすごいので、親はちょっときっかけを作ってあげるだけでOK

 

今回は、そんなひらがな読みをマスターするきっかけになった遊びを3つ紹介します。

スポンサーリンク

 

ひらがなの覚え方①きっかけづくりに『お風呂ポスター』

2歳前から、お風呂にひらがなポスターを貼っていました。

使ったのは、ダイソーで見つけたポスター。

f:id:mamablo:20180923054622j:plain

最初はひらがな自体には興味を示さなかったので、横にあるイラスト(アイスクリームなど)を指さして「これなーんだ?」という遊びをやっていました。

 

これを毎日続けていたら、いつからか自然とひらがなに興味を持つように。

 

そしてそのうち「アイスクリームの“あ”!!」と言えるようになりました。

びす子
お風呂タイムを利用することで、こちらもゆっくり教えられたのが、よかったのかなーと思います

ポイント

  • 子どもに覚えることを無理強いしない
  • 最初は自然と目に入る場所へ貼っておくだけでOK
  • 興味を持ったら教えてあげる

 

 

ひらがなの覚え方②『ひらがなカード』でランダムに出しても読めるように

f:id:mamablo:20180923232650j:plain

セリアで買った『ひらがなカード』

 

元々カード好きだったこともあり、色んな絵が描いてあるカードにあっという間に夢中になりました。

びす子
カード好きな子には特におすすめ

 

そしてお風呂ポスターの時と同じように、「これなーんだ?」遊びをたくさんすることに。

 

最初の頃は、ひらがなを読めると言っても、お風呂ポスターに並んでいる順番(50音順)にしか読めなかった(順番に覚えているだけの状態^^;)ので、カードをランダムに出すと読めない、という状況が続いていました。

 

それでも回数を重ねるうちに、書かれているひらがなや単語がスラスラ読めるように。

びす子
子どもの吸収力ってやっぱりすごいですね

 

さらにこのカードの良いところは、裏面に表面の単語の頭文字が大きく記載されている点。

 

これを使って、自分で単語を作ることも出来るようになりました。

ちなみに初めて子どもが作った単語がこちら。

f:id:mamablo:20180923233541j:plain

びす子
お寿司、と、ツノ・・・(笑)

ポイント

  • カードだとランダムにひらがなを覚えられる
  • 子どもがどんな風に遊びたいかよく観察する
  • 出来た時は一緒に喜ぶ

 

 

ひらがなの覚え方③『ひらがなパズル』で仕上げ

最後の細かい部分で助けられたのが、このパズル。

f:id:mamablo:20180923234349j:plain

 

これ、「てん」と「まる」のピースがあるんです。

 

濁点や半濁点って、教えるのが意外と難しいんですよね。

どうしたらわかってもらえるかなぁと思っていたところ、このピースで分かりやすく伝えることができました。

びす子
紙に書いて教えるより、子どもが自分の手でピースを動かしたほうが理解しやすかったようです

ポイント

  • パズルだとピースを使って濁点や半濁点を理解できる
  • ピース下にも絵柄があるのでパズルが楽しい
  • カードより1人遊びしてくれる(親も助かる!)

 

 

ひらがなが読めるって楽しいよね

f:id:mamablo:20180923235606j:plain

ひらがなを読めるようになって子どもが一番嬉しそうだったのは、保育園でロッカーに書いてあるお友達の名前を読む時でした。

びす子
その姿を見て、親である私もとっても嬉しい気持ちに・・

 

お子さんが文字に興味を持った時がチャンス!

ぜひ楽しく遊んで誘導してあげてください♪

created by Rinker
永岡書店
¥1,520 (2022/11/29 23:05:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

\ ひらがなの『書き』に活用したのはこちら /

 

この記事を書いた人

びす子(1児の母)

夫と娘の3人暮らし。
育児ノイローゼを経て、がんばらない大切さを知る。
このブログでは、毎日忙しいママにおすすめしたいアイテムや考え方などを発信中!Eテレが大好き。

HOMEに戻る

-知育