妊娠・出産

妊娠中に口の中がまずいのはいつまで続く?原因と5つの対処法

2022-09-21

妊婦 口の中がまずい

妊娠中に「口の中がまずい」と感じる方が少なくありません。

びす子
私自身は「口の中がいつもと違う・・なんか苦い・・」といった症状が、つわりの時期〜妊娠後期まで続きました。

 

そこでこの記事では、妊婦さん特有の『口の中がまずい』という現象がいつまで続くのか、不快感の原因や対処法をまとめてみました。

同じような症状に悩まされている方の参考になれば幸いです。

 

口の中がまずい状態はいつまで続く?

つわりと同時に終わる人が多い印象。ただ個人差アリ。あまりにもひどい場合はかかりつけ医に相談を。

妊婦 口の中がまずい

口の中がまずい状態がいつまで続くかは人によってそれぞれですが、つわりと同時期に始まり つわりが終わると同時に終わる人が多い印象です。

 

ただ、私のように妊娠後期まで続く人も少なからずいます。長い人だと産後まで続く場合も。

 

できれば早く終わってほしい不快感ですが、続く間はうまく付き合っていくしかありません。。

びす子
あまりにも口の中が不快で飲食が困難な場合は、産婦人科の先生に相談しましょう。

 

 

妊娠中に口の中がまずい原因は?

  • 妊娠に伴う唾液の減少・変化
  • 亜鉛などのミネラル不足

妊婦 体調不良

口の中がまずい・苦いと感じるのは、妊娠に伴い体が変化するため。

 

例えば、妊娠中はホルモンバランスが妊娠前と大きく変わります。

そのことに伴い体の中の水分量が少なくなり、唾液の量も減少。

 

口の中が乾いている状態だと、これまで普通に飲めていた飲みものも、まずく感じてしまいます。

また一説によると、妊娠中は唾液の成分自体も変化するんだとか。

 

さらに、お腹の中にいる赤ちゃんに栄養を送るため 亜鉛をはじめとするミネラルが不足することも、口の中がまずい・苦いと感じることに影響していると言われています。

 

次に私自身、口の中がまずいと感じていた時期に行っていた対処法を紹介します。

 

妊娠中にやった!口の中がまずい時の対処法

①飴やガムを食べる

妊婦 飴とガム

唾液の分泌を少しでも増やすために、そして口の中の苦味を紛らわせるためにぴったりなのが飴やガムです。

びす子
私はフルーツ風味の飴やキシリトール入りのガムを頻繁に口にしていました。

仕事などでうがいのために頻繁に席を離れることができない人は、飴やガムを多めにストックしておくと気持ちがラクになります。

 

 

②歯磨きやうがいをする

妊婦 歯磨き

口の中の不快感をすぐに解消してくれる歯磨き。

妊娠中は歯磨き粉もこだわって何種類か用意しておくとブラッシングが楽しくなります。

 

またうがいは普通の水道水だけでなく、レモン水や炭酸水でするのもおすすめ。

びす子
ちょっと贅沢な気もしますが、本当につらい時期は口の中がさっぱりしてすごくよかったです!

 

 

③カトラリーを変える

妊婦 カトラリー

金属製のカトラリーは苦味を感じることがあると聞き、一時期カトラリーを変えていました。

使っていたのは木製やプラスチック製のもの。陶器製もいいですね。

びす子
100均で安く買えるのでぜひ試してみてください。

 

 

④亜鉛を含む食材を食べる

妊婦 ナッツ類(亜鉛)

亜鉛不足になると口の中の苦味を感じやすくなるから、亜鉛をたくさん含む食材を摂るといいよ」と産婦人科の先生に教えていただきました。

亜鉛が多く含まれる食材の例

  • 豚レバー
  • 牛肉(赤身)・鶏肉
  • いりごま
  • 魚介類
  • ナッツ類
  • 緑茶 など

特にナッツ類や緑茶はちょこちょこ摂取しやすく重宝します。

 

 

⑤水からミネラル補給する

妊婦 ミネラルウォーター

つわりの時期は、亜鉛を含む食材自体が食べられない ということも多いと思います。

 

そんな時は、普段飲む水をミネラル豊富なものに変えて乗り切るのも手です。

 

我が家が使っているのは、ミネラルウォーターがたっぷり飲めるクリクラ

クリクラ ウォーターサーバー

天然水ではなくRO水というお水で、ミネラルがバランスよく配合されているのが特徴です。

 

ウォーターサーバーがあれば、妊娠中のミネラル補給だけでなく、産後のミルク・離乳食作り、ママのティータイムや軽食 と色々使えますよ♪

びす子
しかも妊娠中〜1歳未満のお子さんがいる家庭は、無料でお試しができるのでお得!

>> クリクラの無料お試しを見てみる

↑母子手帳をお持ちならどなたでも申し込めます

 

 

妊婦さんの口の中がまずい問題まとめ

妊婦 口の中がまずい

いま「口の中がまずい」と悩んでいる妊婦さんは、

  • 唾液の分泌量を増やすこと
  • 亜鉛やミネラルを摂取すること

を意識すれば、少しラクになるかもしれません。

びす子
記事中にも書いたとおり、口の中の不快感で飲食がままならない場合は、必ずかかりつけの産婦人科医に相談してくださいね

 

記事の内容を参考に、妊娠中の不快感が1つでも減りますように。

 

▼妊婦さんにおすすめの記事を他にもまとめています。よかったらチェックしてみてください^^

つわりの時に食べやすいものはコンビニにある!おすすめ10選

 

つわりに生姜がいいって本当?試して効果があったのはコレ

 

ビタミンB6でつわりが消えた!?体験談まとめ

 

この記事を書いた人

びす子(1児の母)

夫と娘の3人暮らし。
育児ノイローゼを経て、がんばらない大切さを知る。
このブログでは、毎日忙しいママにおすすめしたいアイテムや考え方などを発信中!Eテレが大好き。

HOMEに戻る

-妊娠・出産