妊娠・出産

つわり中「これだけは食べれた!」ものランキングBEST7

つわり 食べれたものランキング

 

  • つわりがしんどい
  • あんまり食欲ないけど食べないとよけい気持ち悪くなる
  • 何か口にしやすいものはないかな...

 

つわりの時期って口にできるものが限られますよね。

私自身も妊娠初期〜中期は、かなり偏った食生活を送っていました。

 

そこで本記事では、私がつわり中に食べれたものをランキング形式でまとめてみました。

びす子
「今日はなにが食べれるかな...」と悩んでいるつわり中の妊婦さん、よかったら参考にしてみてくださいね。

 

つわりでも食べれたものランキング第7位:生姜

生姜

ほどよい辛みとすっきり感のある生姜。

食べるとさっぱりするので、つわりだけでなく妊娠中に口の中がまずい時にも大助かりでした。

 

ちなみに生姜がつわりを軽くする効果は、オーストラリアの臨床実験でも確認されているそう。

びす子
気休めではなく本当に美味しく感じるので、まだ食べたことがない人はぜひ試してみて!

 

生姜の中でも特に食べやすかったのが『岩下の新生姜』。

岩下の新生姜

 

SNSでもよく口コミを見かけます。

 

 

他には、生姜チューブでもアレンジ次第でつわり軽減につながるので試してみてください。

 

 

つわりでも食べれたものランキング第6位:コンビニのおにぎり

つわり おにぎり

家の炊飯器で炊いたご飯じゃだめなんです...

冷めたコンビニのおにぎりが神!!!

 

つわり中って、ご飯を炊く匂いさえもダメになりませんか?

でもお米は食べたい...そんな時におすすめなのがコンビニのおにぎりです。

 

具材は、個人的には梅が至高でした。

びす子
酸っぱいものを美味しく感じるのもつわり中ならではですね

 

 

 

おにぎり以外にもコンビニにはつわり中に食べやすいものがたくさん!

 

 

つわりでも食べれたものランキング第5位:バナナ

つわり バナナ

サッと食べやすいバナナはつわり中も重宝します。

びす子
なんならバナナだけで過ごし日も全然ある。

 

栄養が豊富なので、ご飯がわりにするのも罪悪感少なめですよね。

ソファで横になりっぱなしの日も、近くのテーブルにとりあえずバナナ1房置いて過ごしてました(笑)

 

 

 

ちなみにバナナには、つわりに効果があると言われているビタミンB6が含まれています。

びす子
食べやすいだけじゃなくて良い効果もあるなんて!(後から知りました^^;)

 

 

つわりでも食べれたものランキング第4位:ポテト

つわり ポテト

つわりといえばポテト!と多くの妊婦さんが挙げるのでは!?

びす子
私はマックにとてもお世話になりました。

無性にしょっぱいものや揚げ物が食べたい時に、ポテトがぴったりなんですよね〜。

 

 

 

最近だとコンビニでレンチンOKのポテトも販売されているので、より手軽に食べられますね!

 

 

つわりでも食べれたものランキング第3位:ゼリー

つわり ゼリー

フルーティーなゼリーが第3位!

びす子
つわりの超初期はゼリーばかり食べてました。

 

果肉たっぷりのフルーツゼリーや一口サイズの蒟蒻ゼリーを、キンキンに冷やして食べると天国〜!

のどごしの良いものは、つわり中も食べやすいですね。

 

 

 

つわりに効果的な『生姜』と『ビタミンB6』が入ったスティックゼリーもおすすめですよ。

 

 

つわりでも食べれたものランキング第2位:ビスコ


何を隠そうこの私、つわりの最中にビスコにお世話になったことから『びす子』と名乗っています。

そのくらいお気に入り!

 

ちょっとだけ何か食べたい、って時にこのビスコのサイズ感がちょうどいいんですよね。

サクッとした歯ごたえも病みつきに。

 

 

私だけかな?と思ったら、ビスコを崇めている妊婦さんが結構いらして安心しました(笑)

 

 

つわりでも食べれたものランキング第1位:ナッツ類

つわり ナッツ

堂々の第1位はナッツ類!

特にアーモンド・カシューナッツ・ピスタチオが食べやすかったです。

 

少量で満腹感が得られるし、ビタミンやミネラルが豊富。

びす子
本当は無塩のものがベストなんですが、しょっぱいものが食べたい時はちょっぴり塩味のものを買ってました。

 

 

 

ナッツ類には亜鉛も含まれているので、妊娠中に感じる口の中のまずさも緩和してくれます。

 

 

つわり中は頼れる食べ物をなるべく多く見つけておこう

食べられるものが制限されるだけでなく、食べたいもの自体が毎日変わるつわり期間中。

頼れる食べ物があればあるほど気がラクになります。

 

栄養の偏りが気になる方がいるかもしれませんが

妊娠初期は赤ちゃんへの栄養よりも、まず自分が食べられるものを口にすることが大切です。

びす子
あまりにも食事が摂れずつらい時は病院へ行ってくださいね。

 

どうしても栄養バランスが気になるという時は、サプリで補給するという手もあります。

無理をせず、自分のお気に入りの食べ物を見つけてみてくださいね。

 

妊婦さん向け無料プレゼント、のぞいて気分転換してみませんか?

 

この記事を書いた人

びす子(1児の母)

夫と娘の3人暮らし。
育児ノイローゼを経て、がんばらない大切さを知る。
このブログでは、毎日忙しいママにおすすめしたいアイテムや考え方などを発信中!Eテレが大好き。

HOMEに戻る

-妊娠・出産